博多座公演で2番手を務めている月組92期男役の鳳月杏さん。
劇団内外を問わず、人気があることでも知られています。

鳳月さんの劇団内での人間関係から、鳳月さんの性格を見ていきましょう。


AMEMAN314016_TP_V



キキちな、みりちな、たまちな…コンビ萌えが多い

鳳月杏さんは男役とのコンビ萌えの多いジェンヌさんです。

上級生からも下級生からも信頼されているため、月組時代も花組時代も多くの生徒に慕われているようすがうかがわれました。

中でも有名なところで芹香斗亜さん、明日海りおさん、珠城りょうさんが挙げられます。


◆芹香斗亜さん(宙組2番手男役・93期)とは花組時代をいっしょに過ごした仲です。
1期違いで、予科本科の関係にあります。

芹香さんの初の東上付公演『MY HERO』では、主演の芹香さんを上級生2番手の鳳月さんが支えていました。
2人のコンビぶりは見事で、舞台上だけでなく、オフでも仲の良さが感じられました。

シアター・ドラマシティ公演の終演後、出待ちの際にで鳳月さんをお姫様抱っこしたがる芹香さんの姿が披露され、多くのファンを身もだえさせました。


◆明日海りおさん(元花組トップスター・89期)とは、月組下級生時代と、組替え後の花組時代をいっしょに過ごしました。

3学年差の2人は新人公演時代を共にしています。
それだけでなく、明日海さんのワークショップ主演作『ホフマン物語』、東上付公演『アリスの恋人』『春の雪』にも出演しています。
芝居巧者の鳳月さんは、明日海さんの心づよい支えだったのではないでしょうか。

花組トップスターになった明日海さんを追うように鳳月さんも花組に組替えしますが、明日海さんの任期途中に月組に戻ることになります。

その際、明日海さんは「せいぜい頑張りなさい」と鳳月さんにエールを贈っています。

言葉だけ聞くと「せいぜい頑張りなさい」というコメントはキツく感じられるかもしれません。
ですが、明日海さんファンにはよく知られた心からの賛辞なのです。
明日海さんと長くつきあいのある鳳月さんには、もちろん愛のある言葉として伝わっていたはず。

◆珠城りょうさん(元月組トップスター・94期)との仲の良さも折り紙つきです。

珠城さん退団直前のバウホール公演『Eternità』『幽霊刑事』のときにはよく鳳月さんは「(珠城さんの)相手役」発言をし、珠城さんもそれを当然のように受け入れていました。

月組の超路線として激しい抜擢とプレッシャーの中で戦っていた珠城さんにとって、温厚な上級生で自分を立ててくれる鳳月さんは心強い味方だったはずです。

新人公演時代もほぼ同じ時期で、戦友のような関係でもあったのでしょう。
『Eternità』のトークコーナーでは互いへの想いが熱く語られ、ファンの涙を誘いました。

ちなみに、珠城さんと鳳月さんとは2学年違いで鳳月さんのほうが上級生なのですが、実年齢としては同じはずです。

お掃除場所の仲は永遠に

『宝塚おとめ』に「好きな食べ物」が載っています。
「好きな食べ物」を仲良し同期で揃えることがときどきありますが、鳳月杏さんは天真みちるさん(元花組・92期)、煌月爽矢さん(元月組・92期)と揃えていました。

鳳月さん、天真さん、煌月さんの3人は宝塚音楽学校時代の掃除場所が同じメンバーです。
大変な予科時代をいっしょに過ごしたお掃除場所メンバーのつながりは、組が分かれても続いていたんですね。

2人の退団後も、好きな食べ物に天真さん、煌月さんの名前を入れることは忘れない鳳月さん。
情の熱さが感じられます。

組替えはお友達人事?

噂にすぎませんが、鳳月杏さんが花組に行ったのは明日海りおさんに呼ばれたからという話があります。
同様に、鳳月さんが月組に戻ったのは珠城りょうさんのためという噂もありました。

宝塚歌劇の人事は、劇団内部の人にしかわかりません。
だから、鳳月さんが2度の組替えをした理由は一部の人にしかわかりません。

しかし、トップスターが別の組からやってくるとき、特に仲のいいジェンヌさんを呼び寄せることがあると言われています。
ただでさえ激務の新トップスターが知り合いの少ない異動先の組で居心地よく過ごせるように、という配慮がされているのではないかということです。


たとえば、瀬奈じゅんさん(元月組トップスター・78期)が花組から月組トップになるために異動したときに桐生園加さん(元月組男役・84期)が呼ばれたと噂されました。
また、凰稀かなめさん(元宙組トップスター・86期)が雪組から星組を経て、宙組トップになるために異動したときには緒月遠麻さん(元宙組男役・86期)が呼ばれたと言われています。

もしその噂が本当であれば、明日海さんのために花組に呼ばれ、珠城さんのために月組に呼び戻された鳳月さんはとても人間的に優れていることになりますね。

ディナーショー出演が多い鳳月さん


鳳月杏さんはディナーショー出演が多いジェンヌさんです。

過去に出演したディナーショーは以下のとおりです。

  • 2012年4 - 5月、明日海りおディナーショー『Z-LIVE』
  • 2019年3月、仙名彩世ミュージック・サロン『Sen-se』
  • 2019年5月、鳳月杏ディナーショー『NEXT ONE』 主演
  • 2021年1月、珠城りょう 3Days Special LIVE『Eternità』(バウホール)※元は6月に予定されていた珠城りょうさんのディナーショー

ディナーショーは少人数で行われることもあり、人選には主演の意向が大きくかかわると言われています。
舞台を支える実力派、チケットを売れる人気男役、仲の良い人、縁の深い同期など、いろんな意図での人選でしょうが、少なくとも好感を持っていない人は共演者に選ばないはずです。

結果的にはバウホール公演となった『Eternità』も含め、3度もディナーショーの共演者に選ばれた鳳月さんの「愛されぶり」「信頼性」の高さは稀有といえるでしょう。

鳳月さんは信頼される上級生

上記以外に、星組の瀬央ゆりあさん(95期)との仲の良さも、雑誌などで語られています。
きっかけは鳳月さん、芹香さん、瀬央さんの3人でUSJに行ったことだとか。

鳳月杏さんは性格が温厚なため信頼されやすく、組を超えての友人も多い男役さんです。
芹香さん、珠城さん、月城さんと下級生の下で2番手などを務めることも多い人です。
しかし、くさることなく、誠実に舞台を務めているのが組の内外やファンからも信頼される理由でしょう。

芸達者で色気もあり、特に演技力に定評のある鳳月さん。
新月組トップスター・月城かなとさん(95期)時代の月組でも、ますますの活躍が期待されます。


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
 
↑ ぽちっとお願いします(*´ω`*)



宝塚歌劇団ランキング

 ↑ こちらも参加してますよ~♪ 読んだらクリック(^^♪